【速報】SKハウジングを提訴 管理費滞納やカラオケ店規約違反で

茨木駅前ビル管理組合が、同ビルのカラオケ店「オルセーカラオケ」の区分所有者「SKハウジング」(大阪市北区・真田幸範社長)と、関連会社でカラオケ店を運営している「SKメンテナンス」(大阪市北区・慎峻範代表社長)を提訴したことがわかった。

訴状の内容は明らかにされていないが、管理組合はこのカラオケ店の管理規約に違反している看板の撤去や、滞納している管理費や看板使用料などの支払いを求めているとみられる。

今月1日には撤去を求めているカラオケ店の看板のうち1基に視覚障がい者が接触して転倒している。この看板は点字ブロックに近接しているとして、管理組合が再三撤去を求めていた。

一昨年SKハウジングは、廃園になった遊園地「奈良ドリームランド」(奈良市)の跡地を競売で落札して取得したことで話題になった。

原告(茨木駅前ビル管理組合)代理人は近畿合同法律事務所(大阪市北区)の林一弘弁護士、被告(SKハウジング・SKメンテナンス)代理人はウィル合同法律事務所の山本寛弁護士。

関連記事
茨木駅前ビルカラオケ店の看板に視覚障がい者が接触して転倒
茨木駅前ビルのカラオケ店、所有者が管理費など滞納で管理組合提訴へ
茨木駅前ビルのカラオケ店、管理組合と対立
茨木駅前ビルのカラオケ店、管理組合と紛争

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です