【速報】JR茨木駅への新快速停車は見送り

JR西日本が2016年春ダイヤ改正を発表した。JR高槻駅では新快速と快速・普通の平面乗換えができなくなるため、JR茨木駅へ新快速が停車するようになると見られていたが見送られた。

もともとJR茨木駅に新快速が停車するようになるのは平成30年のJR総持寺駅(仮称)の開業時で、今回ではないとの見方もあった。

しかし今回のダイヤ改正ではJR高槻駅では新ホームの利用が始まる。新快速と快速・普通のホームが分離され、同一ホームで乗換えできなくなる。

その不便を解消するためにJR茨木駅に新快速を停め、平面乗換えさせるとみられていた。ダイヤ改正後はJR高槻駅での乗換えにはいったん橋上コンコースに上がる必要があり、利用客の不満が高まりそうだ。

JR高槻駅の新ホーム利用開始で新快速のJR高槻駅入線時の速度制限が緩和され、大阪-京都間の所要時間が短くなるとされる。短縮した時間をJR茨木駅停車に振り向けるとの見方もあった。

しかし一方ではJR茨木駅への新快速停車が遠のいたという見方もできる。今回関西空港と京都間で関空特急「はるか」の増発とJR高槻駅への停車も発表された。インバウンド需要にこたえるものと見られる。

はるかはJR高槻駅で新快速を追い抜きできなくなるため、所要時間を維持するために新快速の停車駅を増やせない可能性がある。

http://www.westjr.co.jp/press/article/items/151218_02_keihanshin.pdf(PDF)

西河原交差点改良で右折レーン新設へ

国道171号線と大阪府道126号総持寺停車場線が交差する西河原交差点の改良事業が動き始めた。茨木市は西河原交差点の旧たばこ店を買収した。

今後ガソリンスタンドや資生堂ホネケーキと用地交換などを進め、総持寺停車場線の右折レーンの新設を含め西河原交差点の改良を進める。

国道への右折レーン整備を求める声もある。三島地区連合自治会が、大阪国道事務所長に国道171号線西河原交差点改良の陳情書を提出したもよう。

JR総持寺新駅と東芝スマートコミュニティ開業に向けて総持寺停車場線と市道庄中央線の整備が急ピッチで進みだした。

平成30(2018)年のJR総持寺新駅開業に向けて、大阪府と茨木市は昨年度に協定書を締結し、阪急総持寺駅と西河原交差点を結ぶ総持寺停車場線の改良を予定している。全線の拡幅、阪急総持寺駅前広場の改良、JR総持寺新駅との接続部等の整備を実施する。

また茨木市は大阪府道132号高槻茨木線と総持寺停車場線総持寺交番前交差点を結ぶ市道庄中央線の整備も着手し、詳細設計を終えた。拡幅のための用地買収も始まっている。

高槻茨木線千歳橋北詰の庄二丁目交差点から西河原交差点までの庄中央線と総持寺停車場線は道路が狭いうえに渋滞が激しく、茨木市も総合交通戦略でも重点区間と位置づけていた。

特に西河原交差点北行きと庄二丁目交差点南行きは右折レーンがないために、渋滞が慢性化しており、JR総持寺駅や東芝スマートコミュニティ開業の支障になると指摘する声もあった。

この区間では数年前から調査が進められており、昨年度は府道総持寺停車場線道路測量設計を(株)浪速技研コンサルタントに、市道庄中央線物件調査を(株)タカダに委託して実施している。

総持寺停車場線では全線で、平行して流れる水路を暗渠化して13mに拡幅する。歩道を広げ、自転車レーンを設置する。また西河原交差点では右折レーン整備のため大幅な拡幅を行う。

今年度総持寺停車場線ではJR東海道線交差部から西河原交差点までの詳細設計費1345万円、105mの工事費2億400万円、旧たばこ店の用地買収などの費用3450万円、道路工事での障害物移転費用の一部負担金225万円を予算計上している。

撤去した旧たばこ店の西隣にも空き地があるほか、資生堂ホネケーキの敷地が総持寺停車場線の東西にあることから、交差点付近では水路の付け替えも含めて用地交換を行う可能性がある。

まだ動きは見えないが、国道171号線の右折レーン設置のために用地を確保する可能性もある。

庄中央線では物件調査が昨年度までに6割ほど、用地買収が5%ほど完了している。今年度は、残りの物件調査費として2300万円、道路整備工事費6600万円、取得費3500万円を予算計上している。

すでに総持寺交番前交差点付近の庄中央線では旧フジテック用地部分は拡幅が完了しているが、残る約420mについて12mに拡幅して、府道と同様に歩道と自転車レーンを設置する予定だ。

また総持寺停車場線のJRガード南側につながる線路沿いの西行きの一方通行道路が、府道への出口で見通しが悪く危険であるため、茨木病院から大阪行岡医療大学東側を通り総持寺交番前交差点へつながる南行き一方通行道路を整備する。

さらに総持寺停車場線を越える横断歩道橋がJR線と平行して設置される見通し。すでに関係機関と調整し、おおまかな設計を実施した。用地買収も進んでいる。今年度は詳細設計費1490万円、買収費用として300万円を予算計上している。

12月2日には三島地区連合自治会が、府議会議員の紹介で大阪国道事務所高槻維持出張所長に国道171号線西河原交差点改良の陳情書を提出したもよう。

陳情書は大阪国道事務所長あてで、国道171号線にも右折レーンの整備を求めた。国道171号線は2車線だが右折レーンがなく、交差点付近では右車線からの左車線への車線変更が頻発し、事故が発生しやすくなっている。

来年1月に茨木市で過去最大規模の防災訓練

茨木市は2016年1月17日に「茨木市全域防災訓練」を実施する。阪神淡路大震災から21年の節目が日曜日であることから、市内全域で住民参加型の訓練を行う。

サイレンを鳴らすだけではなく、実際に最寄の指定避難所まで避難する避難訓練も実施するため、74か所の指定避難所を開設する。避難所ではアンケート回答した参加者に防災グッズを配る。

この日は大学入試センター試験も行われているため、一部のサイレンは鳴らさない。また改築中の春日コミセンでは避難所を開設しない。

茨木駅西口周辺整備では防災も大きな課題となる。交通の結節点であることから、大規模災害で公共交通や道路に障害が発生した場合には万単位で滞留者が出ることが予想される。

また茨木駅前ビルやメゾン茨木西駅前、茨木グランドハイツなど旧耐震基準で建てられたビルが多く、耐震改修や更新も進んでいない。

今回の訓練で想定する有馬-高槻断層帯が震源の直下型地震では市内中-北部で震度7も想定される。最悪のケースではビル倒壊で人的被害が出て、駅前の道路が寸断されかねない。

駅周辺の滞留者については、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)に隣接して防災公園を整備するなど対応している。いっぽう、駅周辺ビルの耐震改修や更新は進まない。私有物件に市が介入するのは難しい。

国の建築物の耐震改修の促進に関する法律と連携して、耐震改修などを実施しやすくする補助金制度などの施策が求められている。

茨木市全域防災訓練について(茨木市)

12月にJR茨木駅への新快速停車発表か

12月にJR西日本がJR茨木駅への新快速停車を発表するとの見方が強まっている。すでに昨年8月に産経新聞が「新快速、茨木に停まる?JR西が検討 大学・新スタジアムなど開業見据え 強みのスピードと兼ね合いが課題」と報じている。

もともと茨木駅は尼崎や山科、芦屋など多くの新快速停車駅を上回る乗降客数がある※。さらに立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の開設やEXPOCITY(エキスポシティ)の開業で乗降客数は増加傾向だ。

さらにJR西日本側の事情で茨木駅に新快速が停車する公算が大きい。JR西日本は、JR高槻駅で快速・普通が走る線路(内側線)のホームと新快速が走る線路(外側線)のホームを分離する工事を行っている。この工事により、高槻駅では快速・普通と新快速の乗換えには、いったん橋上のコンコースに上がって別のホームに移動することになる。

現在は快速・普通と新快速は方面別に同一のホームを使用しており、平面乗換えが可能だ。しかし乗降客数の増加に伴ってすでにラッシュ時間帯のホーム容量が限界に達している。

そこで、ホームを分離することで快速・普通電車の利用客と新快速利用客を分散し、さらに乗換え客がホーム上に滞留することを防ぐことが狙いだ。

しかし、利用客にとっては平面乗換えできなくなることは不便だ。そこで茨木駅にも新快速を停車させ、茨木駅で平面乗換えさせるといううわさがある。

高槻駅のホーム分離工事は順調に進んでいる。ホームや階段など主要な工事は完了しており、現在はホームドアの設置などが行われている。当初の予定通り2016年春には供用開始するとみられる。そうなると2016年春ダイヤ改正から茨木駅に新快速が停車する可能性が高まる。

また来春以降立命館大学OICでは新学部の設立も予定されており、エキスポシティでも観覧車が開業するなど乗降客数はさらに増える。JR西日本も茨木駅の橋上駅舎を拡張して商業スペースを拡大する工事を進めている。茨木駅への新快速停車は濃厚だ。

春のダイヤ改正は例年12月20日前後に発表されており、今年もその時期になるとみられる。年内には茨木駅への新快速停車のうわさの真偽がはっきりしそうだ。

https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/data/pdf/data2015_11.pdf