【速報】SKハウジングを提訴 管理費滞納やカラオケ店規約違反で

茨木駅前ビル管理組合が、同ビルのカラオケ店「オルセーカラオケ」の区分所有者「SKハウジング」(大阪市北区・真田幸範社長)と、関連会社でカラオケ店を運営している「SKメンテナンス」(大阪市北区・慎峻範代表社長)を提訴したことがわかった。

訴状の内容は明らかにされていないが、管理組合はこのカラオケ店の管理規約に違反している看板の撤去や、滞納している管理費や看板使用料などの支払いを求めているとみられる。

今月1日には撤去を求めているカラオケ店の看板のうち1基に視覚障がい者が接触して転倒している。この看板は点字ブロックに近接しているとして、管理組合が再三撤去を求めていた。

一昨年SKハウジングは、廃園になった遊園地「奈良ドリームランド」(奈良市)の跡地を競売で落札して取得したことで話題になった。

原告(茨木駅前ビル管理組合)代理人は近畿合同法律事務所(大阪市北区)の林一弘弁護士、被告(SKハウジング・SKメンテナンス)代理人はウィル合同法律事務所の山本寛弁護士。

関連記事
茨木駅前ビルカラオケ店の看板に視覚障がい者が接触して転倒
茨木駅前ビルのカラオケ店、所有者が管理費など滞納で管理組合提訴へ
茨木駅前ビルのカラオケ店、管理組合と対立
茨木駅前ビルのカラオケ店、管理組合と紛争

【速報】茨木駅前ビルカラオケ店の看板に視覚障がい者が接触して転倒

今月1日に茨木駅前ビルのカラオケ店「オルセーカラオケ」の移動式看板に視覚障がい者が接触して転倒する事故があったことがわかった。けがの程度など詳細は不明だ。

この看板についてはビルの管理組合が、点字ブロックに近接しているとして移動するよう申し入れしていた。管理組合は事故直後にカラオケ店側に看板の移動を要請したが、カラオケ店側は応じていないという。

茨木駅前ビル管理組合は、この看板を含む移動式看板3台などの看板が管理規約違反であるとして撤去と原状回復を求めている。カラオケ店の運営会社「SKメンテナンス」(大阪市北区・慎峻範代表)とそのグループ会社で店舗を所有する不動産会社「SKハウジング」(大阪市北区・真田幸範代表)は拒否している。

管理組合の複数の役員と、SKメンテナンスやSKハウジングなどで構成される「三共グループ」の実質的経営者・真田一幸会長は数回にわたって話し合いを行ったが、双方の主張は平行線をたどっている。

その後弁護士も入れて書面でやり取りを行ったが対立は解消せず、管理組合は4月中にも提訴するとみられる。

関連記事
茨木駅前ビルのカラオケ店、所有者が管理費など滞納で管理組合提訴へ

西駅前町5の元養老乃瀧・セブン-イレブンのビル建替えへ

居酒屋の「養老乃瀧JR茨木店」とコンビニ「セブン−イレブン茨木西駅前町店」が入居していた西駅前町5のビルが建替えられることがわかった。

4月中に解体工事に着手し、延べ床面積約1200平米の鉄筋コンクリート造8階建ての複合ビルを建設する。すでに近隣に解体工事を通知する文書を配布している。

竣工は2018年とみられる。診療所・事務所・共同住宅など24戸が入居する予定。

建築主は合同会社ユーズビル(吹田市)。設計はレイ建築設計事務所(大阪市中央区)、施工は金澤工務店(大阪市都島区)。

このビルでは、もともと養老乃瀧とハンバーガーチェーンのマクドナルドが営業していたが、2010年夏ごろマクドナルドが閉店した。その跡地にセブン-イレブンが開業していた。

養老乃瀧とセブン-イレブンも2015年秋に相次いで閉店・退去していた。セブン-イレブンは近隣の複合ビル「GRANDCHOKYU茨木」(春日1丁目4)に「セブン-イレブン茨木春日1丁目」として移転している。

その後空きビルとなっていたが、2016年10月に湯川クリニックが、平成30年に移転する予定だと掲示していた。湯川クリニックは西駅前3の複合ビル「アルシュ」にある皮膚科などを専門とする診療所だ。

新しいビルの建築主・ユーズビルは2016年9月27日に設立されており、代表社員は湯川クリニックの院長だ。現ビルの購入と新ビル建築を目的に会社を設立したようだ。

現在の診療所がある「アルシュ」は、茨木市などが進める「JR茨木駅西口駅前周辺整備」による再開発地区に含まれる見込みだ。湯川クリニックも再開発地区内で診療を続けようとすると少なくとも2回は移転することになるため、先行して自社ビルの取得を決めたとみられる。

JR茨木駅西口ペデストリアンデッキ「いばらきスカイブーメラン」に

茨木市はJR茨木駅西口のペデストリアンデッキの愛称を「いばらきスカイブーメラン」に決めた。JR茨木駅西口の住民から「東口ばかりが優遇されている」と苦情があったため、まずはペデストリアンデッキに愛称をつけることにしたもよう。

東口のペデストリアンデッキの形状がパレットに似ていることで「いばらきスカイパレット」という愛称になったため、西口のペデストリアンデッキの形状に似ているものを探したという。カーブしている形状がブーメランに似ているという声があり、「スカイブーメラン」としたという。

関係者の間では「愛称よりもほかに整備するべきものがあるのではないか」と指摘があったものの、再開発をひかえて新たな投資を避けるべきという声が大勢を占めた。そのため費用がほとんどかからない施設への愛称付与で時間稼ぎすることになった。

福岡洋一市長は、6月市議会で「JR茨木駅西口のペデストリアンデッキの愛称を定める条例」を議案として提出する予定。これに対して民進党系の会派が猛反発しているという情報があるが、反発している理由は不明だ。