JR茨木駅西口BTバス降り場の段差解消着工

茨木市は、JR茨木駅西口バスターミナルのバス降り場の段差を解消する工事に着手した。予定では工事は17日(金)まで行われる。

工事は8日からの予定だったが、本格的な工事は9日からはじまった。
1703JR茨木駅西口バス降り場段差解消工事
茨木駅前ビル南側のバス降り場の植栽やベンチを撤去し、車道と歩道の段差をなくす。足が不自由だったり、車いすのバス利用者がスムーズに歩道に上がれるようにする狙いだ。
1703JR茨木駅西口バス降り場段差解消工事

茨木市は阪急茨木市駅南側の東西通り(都市計画道路茨木鮎川線)に面した阪急茨木南口バス停でも同様の段差解消工事を行っている。また東西通りなどで点字ブロックの設置を行っている。

いずれも道路など公共空間のバリアフリー化を推奨している国土交通省のガイドラインに沿ったものだ。

近隣への配布文書
1703JR茨木駅西口バス降り場段差解消工事

JR茨木駅西口に一般車乗降スペースを設置

JR茨木駅西口に一般車乗降スペースが設置された。定食チェーンの「やよい軒茨木店」前と三菱東京UFJ銀行茨木西支店前の2ヶ所。

和菓子店「丹波屋」の前に身障者用乗降スペースは設定されていたが、一般車乗降スペースは昨年末に廃止されていた。
JR茨木駅西口一般車乗降スペース
昨年11月にバスターミナルのバリアフリー化されるまでは、駅レンタカーの車庫向かいに一般車乗降スペースが設定されていた。バリアフリー化でこの場所にバス乗り場が設置されたことで一般車乗降スペースは廃止された。

当初茨木市も一般車乗降スペースは廃止したと説明していた。しかしバスターミナル内で乗降する車も多く渋滞の原因になっていたほか、事故の恐れもあった。

JR茨木駅西口BTの新乗り場、27日供用開始(詳報)

JR茨木西口バスターミナル乗り場地図交換
近鉄バス・阪急バス・京阪バスはJR茨木駅西口ののりばを11月27日始発便から変更すると発表した。バリアフリー化したバスターミナルは27日に供用を開始する。

近鉄バスの発表によるとタクシーバース北側の新5番・6番乗り場を新たに利用する。現行の茨木駅前ビル東側の1番乗り場(花園東和苑・南摂津駅路線・夜行高速バス)には変更はない。

阪急バスと共同運行するEXPOCITY(エキスポシティ)路線が発車する現4番乗り場も変更しないが、新たに茨木弁天前路線の乗り場も設置されることになった。

また阪急バスによるとタクシーバース北側の新7番乗り場と駅レンタカー向かいのタクシー降車場・一般車停車スペース跡の新8-10番乗り場をを新たに利用する。現5番乗り場は新たに2番乗り場に改められる。

京阪バスは現在の3番乗り場が、茨木駅前ビル南側のエレベータ付近に移動する。乗り場番号は変わらない。

【19日追加】
19日に茨木市役所もバス乗り場の変更を発表した。

バリアフリー化を断念した4番乗り場からのエキスポシティ便について、階段を利用できない客に代替ルートを案内している。

6番乗り場からの近鉄バス阪大病院・美穂ヶ丘便に乗り、日本庭園前停留所で降車するルートだ。同停留所からエキスポシティまでは500mほどの距離だという。

茨木市役所
JR茨木駅西口駅前広場のバス乗り場変更のお知らせ

近鉄バス
近鉄バス株式会社「【平成27年11月27日~】JR茨木駅(西口)のりば変更のお知らせ」
変更後の乗り場案内図

阪急バス
JR茨木停留所 のりば変更について
主要ターミナルのりば一覧(JR茨木)

京阪バス
平成27年11月27日(金) 「JR茨木(西口)」のりばの変更について

茨木市がJR茨木駅西口BTバリアフリー化を公式発表

茨木市がJR茨木駅西口BTバリアフリー化を公式発表した。10月19日に「JR茨木駅西口駅前という広場のバス乗り場変更のお知らせ」というタイトルでフェイスブックに投稿した。

投稿の全文は次の通り。「JR茨木駅西口駅前広場のバス乗り場のバリアフリー化工事を実施しており、11月中旬からバス乗り場を変更します。変更後の乗り場等内容については、下記の画像を参照してください。工事期間中、駅・バス利用の皆さんには、ご不便とご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。」
JR茨木駅西口駅前広場のバス乗り場変更のお知らせ(茨木市発表)
投稿に対するコメントに回答して、バスやタクシー以外の一般車は西口駅前広場では駐車禁止となることも明かしている。病院やリハビリ・介護など施設の送迎にも支障が出そうだ。

すでに北大阪けいさつ病院や友紘会総合病院は、エキスポシティへのバス路線の運行開始にあわせて送迎バスの乗降場所をバスターミナル内の現4番乗り場から三井住友銀行茨木西支店前に移動している。

Facebook「茨木市役所」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=818454628274465

JR茨木駅西口BTでエキスポシティ対応が本格化

JR茨木駅西口バスターミナルでエキスポシティ対応が本格化している。13日にはバスターミナルのバリアフリー化工事が始まった。16日にはエキスポシティへのバス路線が開通した。

茨木市の建設部など市役所サイドは、バスターミナルのバリアフリー化がエキスポシティ対応のためとは公式には認めていない。しかし茨木市と茨木警察署との調整がこの時期にまとまったのはエキスポシティ開業を見据えたものだ。

既報のとおりバス乗り場は現在の一般車乗降スペースとタクシーバース北側に設置される。タクシーバース北側に新設される乗り場はすでに墨出しされていたが、18日深夜に路面アスファルトがカットされ工事箇所が明確に見えるようになった。
タクシーバース北側新バス乗り場(JR茨木駅西口)
上の写真手前にある左矢印の看板のあたりに横断歩道が新設されると見られる。撮影場所の真下(写真下のタクシー手前)あたりにもバス乗り場が新設される。

バス1番乗り場(JR茨木駅西口)
バリアフリー化工事の開始で駅レンタカーの駐車場が西側へ狭められた。また現在のバス乗り場から「西駅前東」交差点へ通じる道路の幅が狭くなった。このため現1-4番乗り場の南端を削り道路幅を確保した。さらに駅レンタカー駐車場を南北へ拡張する。1番乗り場の北端を削り駐車場北側の植栽は廃止されると見られる。
駅レンタカー駐車場北側(JR茨木駅西口)

エキスポシティのバスは4番乗り場から発着している。工事終了後も乗り場・降り場は移動しない。

利用客はまだ少ないというが、周辺店舗では「多県や遠方からの来店客が増えた」という声があがる。エキスポシティ開業準備の関係者と見られ、店舗関係者は開業後の集客にも期待している。

関連記事
【速報】JR茨木駅-エキスポシティ路線は阪急バスと近鉄バスが共同運行
JR茨木駅西口BTバリアフリー化で現1-3番乗場は廃止へ

JR茨木駅西口BTバリアフリー化で現1-3番乗場は廃止へ

きょう着工のJR茨木西口バスターミナルのバリアフリー工事の詳細な内容が判明した。ペデストリアンデッキから階段でしかアクセスできない現在の1-3番乗り場は新たにバス待機場となり廃止される。

新たな乗り場は駅レンタカー駐車場向かい側にある現行の一般車両の乗降スペースと、タクシーバース(待機場)の北側に設けられる。そのためタクシーバースへの北側からの入り口に横断歩道が新設される。

現行の一般車両スペースは阪急バス、タクシーバース北側は近鉄バスの乗り場となる。京阪バスは茨木駅前ビル南側のペデストリアンデッキのエレベーターのあたりに乗り場を設ける。

阪急茨木市駅へのバス路線は茨木駅前ビル東側の旧りそな銀行前、バス降り場は現行の茨木駅前ビル南側で移動しない。

これによりJR茨木駅西口からエレベーターでバス降り場だけでなく乗り場にも移動することができるようになる。

しかし来月開業する万博公園の商業施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」のバス路線や、吹田市立スタジアム(ガンバスタジアム)への臨時バス便は現在の4番乗り場に、新たな乗り場と降り場を集約する。

そのためエキスポシティ路線の乗降のみペデストリアンデッキの階段を利用する必要があり、バリアフリー化が見送られた。

新たなバス乗り場ではJR茨木駅東口のように歩道と車道の境界をノコギリ刃状にギザギザの形状にしてバスを斜めに駐車させる。

このバリアフリー化工事で茨木駅西口の道路改良は当面のメドがついた形で、今後の西口周辺整備の動きがいったん停滞する可能性もありそうだ。

【速報】JR茨木駅西口BTバリアフリー化は13日着工

JR茨木駅西口バスターミナルのバリアフリー化工事が13日に開始されることがわかった。

5日までに茨木市建設部道路交通課が近隣へ工事案内文書を配布した。

工期は13日から11月30日まで。交通量が多いため夜間工事となるが、交通に支障がない場合日中作業を行う。一時通行止めも含む交通規制が実施される。

工事は村上建設が受注した。

今月1日に一部のブログが茨木市議からの情報として、バスターミナルのバリアフリー化工事が10月に始まると伝えていた。

バリアフリー化は長年検討されてきたが、横断歩道の増設で事故が増えるとして茨木警察署は消極的な姿勢だった。

関連記事
【速報】茨木駅西口BTをバリアフリー化と報じられる

外部リンク
EXPOCITY(エキスポシティ)開業を控え「JR茨木駅」西口バス停がバリアフリー化へ!

JR茨木駅西口バスターミナルバリアフリー化工事案内

【速報】茨木駅西口BTをバリアフリー化と報じられる

茨木駅西口バスターミナルをバリアフリー化するとブログが伝えている。来月にせまったEXPOCITY(エキスポシティ)の開業に合わせて工事するという。

エキスポシティを取り上げているブログ「EXPOCITY(エキスポシティ)を徹底取材するブログ」が伝えている。茨木市議からの情報とされているが、茨木市やバス事業者の公式発表はなく真偽は不明。

同ブログが掲載している図面の通りであれば、タクシー乗り場・待機スペースの入口に横断歩道が必要になる可能性が高い。茨木市の建設部道路交通課などは茨木駅西口バスターミナル内の横断歩道設置を検討してきたが、茨木警察署は事故の恐れがあるとして消極的だった。

外部リンク
EXPOCITY(エキスポシティ)開業を控え「JR茨木駅」西口バス停がバリアフリー化へ!