【速報】NHKと読売も原田けんじ氏に当確

午前1時30分すぎに、NHKと読売新聞が原田けんじ氏に当確を出した。

【速報】大阪9区は原田けんじ氏、あだち氏は比例復活

茨木市の衆議院議員選挙の開票率が95%を超えた。茨木市ではあだち氏が優勢も、大阪9区の議席は原田けんじ氏が獲得した。あだち氏は比例復活が確実だ。

大阪9区激戦も服部氏の落選が濃厚に

22日に投票が行われた衆議院議員選挙は即日開票され、大勢が判明しつつある。

自民党と公明党で、衆議院の全常任委員会で委員長を独占し、委員の過半数も確保できる絶対安定多数の266議席を獲得した。

しかし茨木市も含まれる大阪9区の議席が確定しない。NHKなど報道機関の開票速報では大阪9区以外の府内小選挙区では、すでに当選者確定もしくは当選確実となっている。

大阪9区の当選者が確定しないのは、自民党公認、公明党推薦の原田けんじ氏と日本維新の会公認のあだち康史氏の得票数が拮抗しているためだ。ただ社民党公認で共産党や立憲民主党が推薦する服部良一氏が当選する可能性はほぼなくなった。

すでに開票を終えた池田市では、地盤を持つ原田氏が優勢だったが、箕面市では原田・あだち両氏が接戦となった。最終的な議席確定は茨木市の開票状況しだいとなっている。

0時30分現在、茨木市の開票率は65%で原田氏と足立氏が26500票で並んでいる。茨木市は足立氏の地元のため、足立氏が逆転する可能性がある。

原田氏も足立氏も比例に重複立候補しており、惜敗率も高くなる見込みで二人とも当選する可能性が高い。

開発に積極的とみられる原田氏とあだち氏が議席を確保し、消極的とみられる服部氏が落選する可能性が高くなったことで、茨木市の開発路線は維持される見込みだ。