ダイヤ改正発表もJR茨木駅の新快速停車見送り


JR西日本は18日、2021年春のダイヤ改正について発表した。JR茨木駅への新快速停車は見送られた。また、JR京都線を含む京阪神地区では深夜0時台の運転本数も削減され、終電も繰り上げられる。

コロナ禍で利用客の減少にあえぐ中でのダイヤ改正だけに、収益向上や経費削減につながる内容が目立つ。


京阪神地区では、「はるか」「びわこエクスプレス」が新たに南草津・山科に停車したり、一部時間帯の「こうのとり」の停車駅を追加するなど有料席の稼働率を上げて収益向上をめざす。

さらに、終電繰り上げなど深夜帯ダイヤの見直しや、旅行需要の減少で乗車率の低迷する「はるか」や「サンダーバード」「くろしお」「こうのとり」「きのさき」などの運転本数を減らして経費削減をはかる。

16日に発表した月次利用状況でも、運輸取扱収入は落ち込みが続く。Go Toキャンペーンの効果もあり、10月、11月は前年比6割まで回復していたが、新型コロナウイルスの感染拡大やGo Toキャンペーンの利用手控えもあり12月前半は前年比5割ていどまで落ち込んでいる。

JR西日本もしばらくは守りの経営に徹するとみられ、新快速の停車駅追加などの新たな施策は打ち出しにくい状況が続きそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください