茨木駅前ビル地下の「茨木グリル」営業再開か


休業中の茨木駅前ビル地下の飲食店「茨木グリル」が営業を再開するようだ。9月から改装工事を始めた。ただし同店は管理費や共益費を長期滞納しているとみられ、店舗自体も売りに出されている。

そのため、所有権移転を前提に運営会社が変わる可能性もありそうだ。


「茨木グリル」は2016年3月にオープンした。新梅田食堂街やグランフロント大阪に大規模店舗を持つ飲食店運営会社「彩悠茉」が運営していた。

もともとこの店舗はアサヒビールの関連会社が所有しており、当初は洋風居酒屋というふれこみだったが、ジャズライブバーとして運営していたようだ。

今年3月下旬に突然営業を休止した。同店は理由について店舗入口の掲示や同店のフェイスブックでは、騒音問題でライブ演奏ができないためと説明していた。

しかし先週ごろから改装工事を始めており、営業を再開する動きを見せている。

その一方で同店が管理費や共益費を滞納していることもわかった。滞納の理由は売上不振とみられる。滞納金額は5百万円を超えるといい、同ビルの管理組合は法的手続きを検討しているという。

また、店舗自体が6千万円で売りに出されていることが判明した。周辺相場から見てかなり割高であることから半年以上買い手がついていないようだ。

今回動きがあったため、買い手が見つかった可能性もある。所有権移転で運営会社が変わる場合には店名や業態も変わる可能性がありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください