【速報】EXPOCITYへのバス路線を10月16日に新設か


JR茨木駅西口から11月に開業する「EXPOCITY(エキスポシティ)」へのバス路線が10月16日に新設されるもよう。

阪急バスか近鉄バスが運行するとみられるが、両社とも公式な発表はしていない。

EXPOCITYは吹田市の万博記念公園のエキスポランド跡地に三井不動産が開発している商業施設。およそ88000㎡に300を超える店舗が入る。最寄駅は大阪モノレール万博記念公園駅で、駐車場も4100台収容できる。

同社が周辺自治体へ提示した資料では年間1700万人の来場を見込んでおり、休日には6.6万人が訪れると見ている。1700万人はUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の入場者数(平成26年度・1270万人)を大きく超える。

さらに隣接して建設中の吹田市立スタジアムもガンバ大阪のホームスタジアムとして来春開業する予定。4万人収容のスタジアムで年間およそ40試合が開催される。

最大で1日10万人を超える入込客を、府道14号大阪高槻京都線(産業道路)・府道2号大阪中央環状線の道路容量と大阪モノレールではさばききれない。JRや阪急などの鉄道とバスを乗り継いでのアクセスが求められていた。

10月4日からJR茨木駅レイアウトを変更


JR茨木駅工事(出札窓口)
リニューアル工事が進むJR京都線(東海道線)茨木駅で10月から駅構内レイアウトが変更される見込み。

茨木駅構内の工事工程表や日本旅行の掲示によると、10月からコンコース北側の日本旅行TiS茨木支店が休業する。また4日からは駅事務室や券売機スペースがコンコース南側の旧喫茶店・物販店舗跡地に移動する。

9月25日には旧喫茶店跡地の仮囲いが外され、新たに設けられる出札窓口が姿をあらわした。(写真上)

【9月26日続報】
JR茨木駅リニューアル工事(自動券売機・みどりの窓口)
9月26日にはさらに物販店舗側まで仮囲いが外され、自動券売機とみどりの窓口のスペースが見えるようになった。