新快速の茨木駅停車は見送り


JRグループ各社は、2022年3月12日に実施を予定しているダイヤ改正の概要を発表した。

JR西日本は、京阪神地区では「ご利用に合わせた列車の見直し」を行う。

コロナ禍で通勤需要が減っていることから、多くの線区で運転本数を減らす。大阪環状線などでは終電も繰り上げる。

一方でコロナ禍終息を見据えて、関西空港を発着する特急「はるか」の一部列車で運転を再開する。

利用者が激減する中でJR西日本は守りに徹しており、新たな動きは乏しい。

JR京都線では平日の通勤時間帯で運転本数が減る。高槻・京都間でも普通電車の間引きが行われるようだ。JR茨木駅の新快速停車は見送られた。

2023年度には梅田貨物駅跡地で開発が進むうめきた2期地区に、大阪駅の新ホームが開業する予定で、おおさか東線の乗り入れなども予想される。

それまでは新たな動きは期待できなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください