2020年JR茨木駅西口街づくり10大ニュース


本日で2020年も終わる。JR茨木駅西口街づくりにかかわる10大ニュースを振り返る。

茨木市長再選も維新は市議補選で勝利

4月に実施された茨木市長選挙は、現職の福岡洋一氏が当選した。維新は、元国土交通省出身の寺元博昭氏を擁立したが、ネガティブキャンペーンで市民の反発を招いた。

いっぽうで市議補選では維新が2名を当選させて、勢いが衰えていないことを証明した。寺元氏の政策も茨木市の現状をよく捉えており、福岡市政にも反映されることもありそうだ。

茨木駅前ビルのテナントが大幅に入れ替わる

JR茨木駅西口の再開発の核となる茨木駅前ビルでは、2020年に大幅にテナントが入れ替わった。

8月には核テナントのイズミヤが閉店し、跡地の1階には10月に100円ショップWatts’がリニューアルオープンした。11月には2階にデイリーファッションの「パレット」がオープンした。

地下のライブバー「茨木グリル」は2020年5月に閉店し、来年1月からは阪急阪神不動産が展開する「ジオマンションシリーズ」のモデルハウスになるようだ。物件は中穂積の敬愛幼稚園の隣接地だ。

2階では美容室や靴修理店なども閉店した。地下の飲食店も、老舗のうどん店や居酒屋などが相次いで閉店した。うどん店以外は、すでに経営が傾いていたという情報もあり、コロナ禍が致命傷になったとはいえ、コロナ禍だけが理由ではなさそうだ。

コロナ禍に翻弄されるJR茨木駅西口

JR茨木駅西口も新型コロナウイルスに翻弄された。JR茨木駅西口では、飲食店が営業時間を変更したり、パーテーションを設けるなど、対応に追われた。

持続化給付金や家賃支援給付金で延命している事業者も多くあるとみられ、2021年春以降は資金が枯渇した事業者の撤退が相次ぎそうだ。

JR茨木駅のコンコース店舗でも、日本旅行が撤退し、高槻駅内の店舗に業務を集約した。跡地はイベントコーナーして活用している。みどりの窓口も営業時間を短縮している。JR西日本はみどりの窓口の大幅削減も検討しており、茨木駅からみどりの窓口がなくなる可能性もある。

JR西日本は、JR茨木駅西口の再開発では協定広場のJRが所有する部分に駅ビルの建設を計画している。しかし、コロナ禍で財務が傷ついたJR西日本には新たな動きは困難だ。JR三ノ宮駅(兵庫県神戸市)前の再開発も、白紙に戻された。

JR西日本が離脱すれは、JR茨木駅西口の再開発は見直しを迫られるとみられ、先行きに暗雲が立ち込めている。

JR茨木駅エリアで商業物件に動き

コロナ禍で翻弄されるテナントがある一方、他方で好調なテナントもある。

中央通り(大阪府道139号枚方茨木線)の「茨木駅前」交差点に面した民家では、リフォームが行われており、不動産仲介業の「ギャラリーケーツー」が入居する模様だ。

また茨木駅前ビル地下のカレー専門店「タシモリカレー」は、11月にビル内の居酒屋店舗跡に移動した。面積が倍増したものの席数は増やさず、三密防止に対応しているようだ。

スペインバルの「ハポロコ」は春日商店街の店舗を閉鎖したが、駅前の店舗をテイクアウトやデリバリー対応に改装した。周辺でも居酒屋からテイクアウトできる焼鳥店へ業態転換する動きもある。

茨木市のコーヒー豆焙煎店「たたらば珈琲」が運営するJR茨木駅東口のバーなどが立ち上げたフードデリバリーサービス「イーバーイーツ」も好調だ。7月にウーバーイーツも茨木市でサービスを始めたが、健闘しているようだ。

茨木市が阪急茨木市駅西口を都市計画決定へ

茨木市は、阪急茨木市駅西口の再開発について、来年2月の都市計画決定に向けて着々と手続きを進めている。

6月には阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)についてパブリックコメントを募集し、9月には一般向けの説明会を実施した。

一部情報では、9月の説明会では計画における超高層ビル建設に批判が集中したとされ、来年2月の都市計画決定が順調に進むかは不透明な情勢だ。

茨木市はJR茨木駅西口の再開発を阪急茨木市駅西口に続けて施行するという方針で、阪急茨木市駅西口の再開発が停滞すれば、JR茨木駅西口の再開発に遅れが出てきそうだ。

茨木市議選に向けて動き

来年1月に任期満了する茨木市議選は、1月17日に告示され、1月24日に投開票される。すでに立候補予定者が連日駅前での辻立ちをこなして、自らの売り込みに懸命だ。

公明党と共産党は、タワーマンションなど高層化に反対しているとされており、自民や維新が議席を減らせば、阪急茨木市駅西口の都市計画決定にも影響がありそうだ。

また、維新は福岡市政との対決姿勢を強めており、維新が公認する新人も、福岡市政で取りまとめられた阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)に否定的な見方を示した。来年2月に予定される都市計画審議会で都市計画決定がスムーズに進むかは不透明な情勢だ。

茨木駅前ビルでビル管理組合と商店会が対立

茨木駅前ビルでは、ビル管理組合と商店会が対立を深めている。管理組合が商店会とのトラブルがあったとして、商店会のイベント開催を許可しない異例の事態に陥った。

商店会はビル内の店舗向けにイベントが許可されないことに対する意見を募集するアンケートを実施した。その集計結果の公表では、ほとんどの店舗がイベント開催を望んでいるということで、ビル管理組合の伊藤理事長はじめ役員を批判している。

2021年3月ダイヤ改正でもJR茨木駅の新快速停車は見送り

12月18日にJR各社は2021年3月のダイヤ改正の概要を発表した。JR西日本も京阪神地区を含むダイヤ改正の概要を発表したが、JR茨木駅の新快速停車は見送られた。

JR西日本にとって、2020年は受難の年となった。コロナ禍でインバウンド需要が蒸発したうえに、出張や観光での新幹線利用も低迷した。

JR西日本は数年前から終電繰り上げを検討してきたが、来春から実施に移す。大阪駅から京都方面に向かう24時台の京都線は5本だったが、2本に削減される見込みだ。

JR西日本によると、大阪方面から茨木駅に到着する終電は、現在は大阪駅24時31分発の高槻行だが、大阪駅発24時10分発と20分以上繰り上げられる。

逆方向の京都方面からは、24時以降に到着する電車はなくなりそうだ。

JR西日本は、うめきた2期地区に地下駅の建設を進めていて、2023年に供用開始する予定だ。おおさか東線や関空特急「はるか」などが停車するとみられる。将来的にはなにわ筋線との接続も視野に入れる。

また、JR京都線では高槻駅と島本駅の中間に萩之庄駅(仮称)を設置することも検討されており、これらの時点まではJR茨木駅への新快速停車は期待薄だ。

茨木市中心市街地でマンション建設ラッシュ

茨木市中心市街地では、マンションの建設ラッシュが続く。多くは2018年の大阪北部地震を契機に取り壊された民家跡地だ。阪急本通商店街でも精肉店の「とり粂」や仕出し店の「衣由」の所有地でビルの建て替えが進む。

中心市街地ではマンションギャラリーの建設が続く。当会の調べでは、2021年に双葉町・大手町・下中条町・西駅前町などにマンションギャラリーが開設される。マンションギャラリーの設置場所が未定でも、双葉町など駅周辺でのマンション建設が目白押しだ。

中央通りに面した駅前の手芸用品販売会社の社屋も売却される予定で、JR茨木駅から徒歩5分の好立地に880平米を超えるマンション用地が供給される。阪急茨木市駅北西の徒歩10分圏となる本町、片桐町でも、隣接する複数戸の民家が取り壊されてマンション用地が出てきている。

コロナ禍で需要の縮小が危惧される中、販売が低迷すれば茨木エリアの不動産価値に影響が及びそうだ。

茨木駅前ビルで大規模改修

JR茨木駅西口の再開発の核となる茨木駅前ビルでは、9月に大規模改修が始まった。大規模改修で、大阪北部地震や台風で傷んだビルの外壁などを改修するようだ。

この時期に大規模改修に踏み切った背景には、再開発にはまだ時間がかかるということがありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください