エキスポシティ開業で道路渋滞増えず


19日に吹田市のエキスポランド跡地にEXPOCITY(エキスポシティ)が開業したが、懸念されていた茨木市内の道路渋滞は増えていないようだ。

事前に来場客をモノレールやバスなどの公共交通へ誘導する施策が行われたほか、渋滞を嫌気した吹田・茨木市内の周辺住民が自転車やバイクを利用したとみられる。駐輪場やバイク駐車場利用料金が無料であることも理由と見られる。

公共交通に誘導するため、大阪市交通局・北大阪急行電鉄・阪急電鉄・京阪電気鉄道は「EXPOCITYグランドオープン記念1dayチケット」を発売した。

各社局の一部区間を除く全線とモノレール連絡駅経由でモノレール万博記念公園駅の間を往復できるチケットで、さらにエキスポシティの500円お買物券が引き換えられるというもの。

またエキスポシティでは無料の駐輪場が不足し、駐車場に臨時駐輪場を整備するなど自転車利用が事前の予想を上回っているようだ。

バスの利用も順調だ。プレオープンまでは1便に数人ほどだった乗客も、20-30人ほどに増えつつある。JR茨木駅西口バスターミナルのエキスポシティ便乗り場では23日まで、バス会社係員を案内のために配置した。

22日には万博公園球技場でのガンバ大阪の試合と重なったため、バス乗り場は混雑した。試合の帰り時間帯はJR茨木駅切符売場ではコンコース外まで行列ができた。東口のチケットショップでも10人ほどが並んだ。
JR茨木駅コンコース外に行列
JR茨木駅東口チケットショップにも行列

しかし今後も渋滞は増えないとは限らない。12月に入ると年末商戦で商業施設には書き入れ時だ。エキスポシティもイオンモール茨木も客が増える。

家族連れが多く、大きな買い物で荷物も多くなると自動車の利用が増える。気温が下がると自転車やバイクから自動車へシフトすることもありうる。

12月から1月のクリアランス時期までは渋滞が増える可能性がある。例年も年末年始やお盆、大型連休は市内中心部に渋滞が広がる。こんどの年末年始も1箇所でもボトルネックができると一気に市内交通は一気にパンクするだろう。

「EXPOCITYグランドオープン記念1dayチケット」を発売します(大阪高速鉄道株式会社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください