元「アリオ茨木」予定地に空港建設案が浮上

茨木市は市南部の目垣・南目垣・東野々宮地区に空港設置を検討していることがわかった。

高槻に名神高速道路と新名神のジャンクションとインターチェンジが設置されたことから、対抗上さらに大きな施設を誘致する必要があると判断したようだ。

この地域では「広域幹線道路沿道における土地利用」のひとつとして、イトーヨーカドーと竹中土木のJVがショッピングセンター「アリオ」の事業化検討を進めていた。

しかしイトーヨーカドーは業績不振からアリオの建設を断念。同地区の土地活用方法が宙に浮いていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です