【速報】JR茨木駅への新快速停車は見送り

JR西日本が2016年春ダイヤ改正を発表した。JR高槻駅では新快速と快速・普通の平面乗換えができなくなるため、JR茨木駅へ新快速が停車するようになると見られていたが見送られた。

もともとJR茨木駅に新快速が停車するようになるのは平成30年のJR総持寺駅(仮称)の開業時で、今回ではないとの見方もあった。

しかし今回のダイヤ改正ではJR高槻駅では新ホームの利用が始まる。新快速と快速・普通のホームが分離され、同一ホームで乗換えできなくなる。

その不便を解消するためにJR茨木駅に新快速を停め、平面乗換えさせるとみられていた。ダイヤ改正後はJR高槻駅での乗換えにはいったん橋上コンコースに上がる必要があり、利用客の不満が高まりそうだ。

JR高槻駅の新ホーム利用開始で新快速のJR高槻駅入線時の速度制限が緩和され、大阪-京都間の所要時間が短くなるとされる。短縮した時間をJR茨木駅停車に振り向けるとの見方もあった。

しかし一方ではJR茨木駅への新快速停車が遠のいたという見方もできる。今回関西空港と京都間で関空特急「はるか」の増発とJR高槻駅への停車も発表された。インバウンド需要にこたえるものと見られる。

はるかはJR高槻駅で新快速を追い抜きできなくなるため、所要時間を維持するために新快速の停車駅を増やせない可能性がある。

http://www.westjr.co.jp/press/article/items/151218_02_keihanshin.pdf(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です