JR茨木駅西口ペデストリアンデッキ「いばらきスカイブーメラン」に

茨木市はJR茨木駅西口のペデストリアンデッキの愛称を「いばらきスカイブーメラン」に決めた。JR茨木駅西口の住民から「東口ばかりが優遇されている」と苦情があったため、まずはペデストリアンデッキに愛称をつけることにしたもよう。

東口のペデストリアンデッキの形状がパレットに似ていることで「いばらきスカイパレット」という愛称になったため、西口のペデストリアンデッキの形状に似ているものを探したという。カーブしている形状がブーメランに似ているという声があり、「スカイブーメラン」としたという。

関係者の間では「愛称よりもほかに整備するべきものがあるのではないか」と指摘があったものの、再開発をひかえて新たな投資を避けるべきという声が大勢を占めた。そのため費用がほとんどかからない施設への愛称付与で時間稼ぎすることになった。

福岡洋一市長は、6月市議会で「JR茨木駅西口のペデストリアンデッキの愛称を定める条例」を議案として提出する予定。これに対して民進党系の会派が猛反発しているという情報があるが、反発している理由は不明だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です