「おおさか維新」会派、弁護士の新人候補を擁立との報道


来月の茨木市長選挙で、おおさか維新の会所属の茨木市議団が弁護士の新人候補を擁立すると産経新聞が伝えている。新人候補は大阪弁護士会登録で柴山法律事務所(大阪市)所属の福岡洋一氏(40)。

同紙によると福岡氏は無所属で立候補し、おおさか維新の会の党本部は支援しないという。そのため「大阪維新の会茨木支部」は他の党の茨木支部と連携して支援するという。

おおさか維新の会の足立康史衆院議員は、18日午後にツイッターで産経新聞のこの記事を共有(投稿)しており、事実関係を認めた格好だ。18日夜には足立議員も出席して維新支部役員会が開かれており、党本部も含めた福岡氏支援を決めた可能性がある。

また無所属の山下慶喜市議は「木本市長の疑惑発覚後、足立衆議院議員が昨日まで同志だった木本市長への攻撃をはじめ、新聞でも他候補をさがす動きが報道されています。ただ維新系市議も木本派と反木本派に分かれているようで、市長選後7名の最大会派がどうなるのか話題になりそうです」とブログに投稿している。

これが事実であれば「大阪維新の会茨木支部」の分裂を回避するために党本部は中立の立場から、福岡氏を支援しないと見られる。

山下市議は「自民党が候補者を決定したとのことで急展開です」とも投稿しており、これが福岡氏である可能性がある。独自候補を擁立する可能性も残されている。

茨木市長選挙は来月3日告示、10日投開票。現職の木本保平市長は2月下旬には早々に出馬を表明し、再選が確実視されていた。

今月に入って木本市長に、おいの多額にのぼる固定資産税滞納と、市長自身がその不動産を担保に借入れをしたにもかかわらず、資産一覧に記載していなかったことによる市条例違反の不祥事が発覚した。

そのため、これまで支援してきた足立議員が激しく批判するなど、支持母体の「大阪維新の会茨木支部」が支援を取りやめて、新たな支援候補探しに入っていた。木本市長に続いて3月上旬には共産党系の末武和美氏が立候補を発表しており、福岡氏が3人目の候補となりそうだ。

過去の発言などから福岡氏は開発に積極的とみられるが、保守系の票が割れた場合、開発に批判的な末武氏の当選可能性もある。市長選の結果次第ではJR茨木駅西口再整備や市南部の平田・玉島・野々宮、目垣・東野々宮などの地区の整備、彩都開発に見直されるとの見方もある。

茨木市長選、地元議員らが弁護士擁立へ 借入金問題で現職市長を「支援ノー!」-産経WEST
【大阪弁護士会】会員検索サービス(福岡 洋一)
足立衆院議員のtwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください