茨木駅西口街づくり研究会

JR茨木駅西口

このウェブサイト(ホームページ)は大阪府茨木市のJR茨木駅西口駅前周辺整備についての情報を発信しています。

JR茨木駅西口駅前周辺整備 新着情報

茨木駅西口街づくり研究会とは

茨木駅西口街づくり研究会は現在は存在しない任意団体です。志のあるメンバーが集まれば将来結成されるかもしれません。既存のいかなる団体とも関係・連携していません。将来的になんらかの団体と連携することがあっても中立・公平な立場から活動します。

都市開発や街づくりは利害関係者が多く、その利害調整と合意形成が成否の鍵となります。情報の非対称性を解消し、スムーズな合意形成に資することを志向します。

茨木駅西口街づくり研究会の活動内容は大阪府茨木市のJR茨木駅の西口駅前周辺整備について学術的な観点からの調査・研究と情報提供となる予定です。

JR茨木駅西口駅前の街づくりの状況をモニターし、広く情報提供するとともに、学術的な知見をまとめたり、学術的・科学的な政策提言を行います。

発表・公表された情報をもとに情報を掲載しますが、うわさレベルの情報も注記の上掲載することがあります。

情報提供やお問合せは ibarakiekimae@machi.info まで。

なお当ウェブサイトは営利を目的とするものではありません。中立性・公平性を担保するという観点からも公共性の高いものを除き広告・宣伝のご依頼はお請けしかねます。

JR茨木駅西口駅前周辺整備とは

茨木駅はJR西日本京都線の快速停車駅です。大阪駅から約15分、新大阪から10分、京都から約25分という立地で大阪のベッドタウン茨木市の玄関口となっています。

1970年の大阪万博で国鉄駅からのアクセス道路が茨木駅を起点に整備されたこともあり、大きく発展しました。高度経済成長期に多くの大規模事業所も誘致されたことから1日7万人をこえる乗車客があります。

近年は事業所が流出していますが、2015年4月から立命館大学の大阪いばらきキャンパス(OIC)もオープンし再び駅周辺のにぎわいが向上するきざしがあります。さらに2015年秋には万博記念公園に大規模商業施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」がオープンするためさらに利用者が増えることが予想されます。

しかし、駅周辺道路の慢性的な渋滞や、駅周辺の施設・ビルなどの老朽化などが問題になっています。茨木駅東口は立命館大学OICの開学と同時に再整備されましたが、茨木駅西口は手つかずとなっており、再整備が急がれる状況です。

茨木市は2013年度から建設コンサルタントの株式会社オオバに委託してJR茨木駅西口周辺整備基本構想の策定を進めています。

免責

発表・公表された情報をもとに情報を掲載しますが、うわさレベルの情報も注記の上掲載することがあります。

また可能な限り情報の信憑性について慎重に確認を行いますが、正確性については保証するものではありません。当ウェブサイト(ホームページ)に掲載された情報を利用した結果については一切責任を負いかねます。

なお、当ウェブサイト(ホームページ)からリンクされた外部サイトについては茨木駅西口街づくり研究会は関知しません。

著作権・商標について

当ウェブサイト(ホームページ)が制作した掲載コンテンツについて著作権は茨木駅西口街づくり研究会に帰属します。なお、当ウェブサイトからリンクされた外部サイトについては茨木駅西口街づくり研究会は関与しません。

当ウェブサイトが明示している他社(者)の著作物の引用をはじめ、当ウェブサイト(ホームページ)に掲載される他社(者)の情報は一般に各社(者)が著作権などを有します。なお、すべてのページにおいて、「©」を明示しているとは限りません。

当ウェブサイト(ホームページ)が明示している他社(者)の登録商標・商標をはじめ、当ウェブサイト(ホームページ)に掲載されている法人、ブランド、製品などの名称は一般に各社(者)の登録商標または商標です。なお、すべてのページにおいて、「™」、「®」を明示しているとは限りません。

“茨木駅西口街づくり研究会” への 4 件のフィードバック

    1. 情報をお寄せいただきありがとうございます。
      当会が把握している情報では、日刊建設工業新聞に掲載された案よりさらに踏み込んだ案を茨木市は提示したということです。詳細を確認できましたら掲載させていただきます。

  1. 「(仮称)阪急茨木市駅西地区 市街地再開発事業」における「事業パートナー」は昨年の4月にも選定されましたが、一年以上にも経ちました。しかし、何の動きも聞いていません、どうなっているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です